ニキビの原因は『皮脂・アクネ菌』正しい洗顔スキンケアで対策!

ニキビ毛穴

いつの間にか出現しているニキビ。

気づいたら悪化していた・・・という方も多いのではないでしょうか。

そんな、嫌~なニキビは、洗顔・スキンケアで対策できます!

正しいニキビ対策をするために、ニキビができる理由から正しい洗顔方法、豆知識を紹介していきます。

ニキビはなぜできるの?

ニキビ メカニズム

ニキビには段階がありますが、赤くなったニキビは皮脂が過剰分泌した毛穴の中でアクネ菌が増殖して『炎症を起こす』ことでできます。

様々なことが原因で皮脂が過剰分泌してしまうことがありますが、そうなると皮脂をエサとするアクネ菌は毛穴の中でどんどん増殖してしまうのです。

アクネ菌ってどんな菌なの?

ニキビの大敵「アクネ菌」は悪い菌だと思われがちですが、肌の健康を保つために働く常在菌の一種です。

どんな人の肌にも存在していて、皮脂の分泌量が多い、顏・背中・胸に多く存在しています。

アクネ菌は、皮脂を好む反面『酸素を嫌う』性質があるため、皮脂汚れで詰まった毛穴はアクネ菌にとって格好の住処となってしまうわけです。

アクネ菌によるニキビの悪化

アクネ菌をそのまま放置しておくと、更に増殖を続けニキビを悪化させてしまいます。

毛穴に棲みついたアクネ菌は、ポルフィリンという物質を分泌します。

このポルフィリンは、紫外線に当たると大量の活性酸素を生み出す物質です。

活性酸素は、ニキビの炎症を悪化させ皮膚の細胞を破壊してしまうため、早い段階でケアすることが大切です。

アクネ菌を正常に戻す方法とは?

アクネ菌の量を正常に戻すためには、正しい洗顔を行なうことが大切です。

ここで気をつけなければいけないことは、過剰に洗顔することです。

早くニキビを治したいからと言って1日に何度も洗顔してしまうと、肌の油分まで過剰に洗い流してしまいます。

過剰な洗顔は皮脂の過剰分泌の原因になってしまいますので、基本的には朝・夜の2回に留めてください。

また、アクネ菌対策の化粧水など、たくさんつければ効果が上がるということはありませんので、適量を守るようにしましょう。

ニキビ肌のための正しい洗顔方法

洗顔

ニキビ対策に欠かせない、正しい洗顔方法を紹介していきます。

正しい洗顔方法 9つの手順

  1. 髪が顔に掛からないようにヘアバンドなどでしっかり止めます。
  2. 手をハンドソープなどで洗い、流します。
  3. 清潔なタオルを40~50℃のお湯に浸し、軽くしぼり蒸しタオルを作ります。
  4. 蒸しタオルを2~3分間、顏に当て毛穴を開きます。
  5. 35~40℃程のぬるま湯で顔を洗います。
  6. 洗顔料を適量取り、泡立てネットで十分に泡立てて下さい。
  7. よく泡立てた洗顔料を『額→こめかみ→眉→鼻→目の周り→頬→口の周り→顎→首筋』の順に指の腹を使って優しく洗います。
  8. 洗顔料が顔に残らないように十分にすすぎ洗いして下さい。
  9. すすぎが不十分だとニキビの原因になってしまいますので、しっかりすすぎましょう。

ニキビ洗顔の注意点

ニキビ洗顔を行なう上で大切なことは、以下の2点です。

  • 豊富な泡で指の腹を使って優しく洗顔すること
  • すすぎを十分に行うこと

力任せのゴシゴシ洗顔は、肌にダメージを与えてしまうので絶対にやめましょう。

また、洗顔後に保湿をせずそのままにしていると肌が乾燥しますので、速やかにスキンケアを行なってください。

肌の乾燥は皮脂の過剰分泌の原因になってしまいます。

速やかなスキンケアで肌に水分補給をした後、乳液やクリームなどで肌にしみこませた水分にふたをするように保湿してあげましょう。

毛穴を開くひと手間を省きたい方には、クレイ(泥)が入った洗顔料の使用をおすすめしています。

気になった方は、以下のランキングを参考にしてみてくださいね。

[ニキビ洗顔料ランキング]

ニキビができる毛穴があるの?

ニキビ毛穴

私たちの体には毛穴がたくさんありますが、全ての毛穴にニキビができるわけではありません。

毛穴の種類は以下の3つに分けられます。

  • 顔・胸・背中・首などにある「脂腺性毛包」
  • ひげや髪の毛が生える「終毛性毛包」
  • うぶ毛が生える「軟毛性毛包」

このうち、ニキビのできる毛穴は『脂腺性毛包』という毛穴です。

よく顏以外にも首のあたりにポツンとできたり、夏場など背中ニキビが気になるというのは脂腺性毛包があるからです。

脂腺性毛包は、他の2つの毛穴と比べると皮脂腺が発達していて毛穴が大きいという特徴があります。

毛穴の構造を見ると、毛穴から皮脂腺がぶら下がっているのですが、脂腺性毛包の場合この距離が長いのです。

そのため、皮脂や角質が溜まりやすく皮脂を外に出す力が弱いことからニキビができやすい毛穴なのです。

ニキビの原因をできた場所で見極める

まず、ニキビができる原因は以下のように様々です。

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • シャンプー・コンディショナーなどのすすぎ残し
  • 間違った洗顔
  • 肌に合わない化粧品の使用
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘

いつも同じことが原因でできるとは限りませんし、原因が1つではなく複合している場合もあります。

ニキビができた場所によってある程度の原因を見極めることができますので、できた場所ごとに原因を見ていきましょう。

おでこ

  • シャンプーやコンディショナーのすすぎ残し
  • 暴飲暴食などによる胃腸トラブル
  • 整髪料や汚れのついた前髪がおでこに付着している
  • 咳・痰など呼吸器系の不調

  • 鼻をかむ頻度が高い
  • ファンデーションや紫外線の影響
  • 胃・肺の不調

口まわり

  • 暴飲暴食による胃腸トラブル
  • ビタミン不足
  • 乾燥による皮脂の過剰分泌

ほほ

  • 便秘などの胃腸トラブル
  • 肝機能の低下
  • 糖質・脂質の摂り過ぎ
  • 乾燥によるターンオーバーの乱れ

あご

  • 生理前に分泌される女性ホルモンの影響
  • 生理不順・婦人科系の機能が弱っている
  • 膀胱の不調

この他にも、顔を手で触る癖があるなど、頻繁に顔に触ることもニキビの原因になります。

このような原因を見て、思い当たる節がある場合は少しずつでも改善していきましょう。

ニキビにはどんな種類がある?タイプ別ニキビ対策

ここからは、ニキビの種類について紹介していきます。

ニキビの種類は、おもに以下の5つに分けられます。

  • 白ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 赤ニキビ
  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ

白ニキビ

白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まった状態です。

皮脂の出口が詰まっていることで、毛穴の外へプクッと押し出されて白ニキビになります。

洗顔をして毛穴に詰まった皮脂を出してあげることで、跡にならずに治せる段階です。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビが悪化した状態です。

詰まった皮脂の表面が酸化していくことで黒くなります。

こちらも洗顔で皮脂を取り除くことで改善されます。

赤ニキビ

赤ニキビになってしまうと、すでに毛穴で炎症が起こっている状態です。

肌もニキビによるダメージを受けて敏感になっているので、洗顔だけでなくアクネ菌対策用のスキンケアの使用をおすすめします。

あまりに治らないようなら皮膚科を受診しましょう。

思春期ニキビ

10代に多く見られるニキビです。

成長期における男性ホルモンの影響で、皮脂の分泌が過剰になることで起こります。

男性ホルモンという名前ですが、女性でも分泌されるホルモンです。

大人ニキビ

思春期ニキビと違って、生活習慣の乱れ・ストレス・食生活の偏りなどによって発症するニキビです。

種類別ニキビ対策

ニキビの種類別に対策を見ていきましょう。

白ニキビの対策

白ニキビを治すには、皮脂の過剰分泌を抑えることがポイントになります。

優しく洗顔をして毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き、乾燥を防ぐために時間を置かずにスキンケアを行いましょう。

黒ニキビの対策

黒ニキビは放っておくと赤ニキビになってしまいますので、早めの対策が必要です。

この時、毛穴パックをすればいいと思われがちですが、毛穴パックで毛穴に詰まった皮脂汚れを取ると、毛穴はパックリと開いた状態になり雑菌が入りやすくなってしまいます。

毛穴に詰まった皮脂汚れは洗顔で落としましょう。

赤ニキビの対策

赤ニキビは、炎症を起こしている状態のため非常に敏感になっています。

なるべく触らないようにして、毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことが大切です。

肌に負担をかけないように優しく洗顔をしましょう。

思春期ニキビの対策

思春期ニキビは、ホルモンの関係で皮脂が過剰に分泌することが原因ですから、脂っこい食べ物を避けてジュース等より水を飲むようにしましょう。

また、洗顔後の保湿を怠りがちになる場合が多いので、しっかりと保湿をするように心がけることが大切です。

大人ニキビの対策

大人ニキビの場合、生活習慣の乱れ・ストレス・食生活の偏りなどによって発症するため、なかなか改善されないと感じる方が多いでしょう。

生活習慣の改善やストレス解消など、普段の生活を見直すことが大切です。

ニキビ跡の改善に効果的なピーリング

きれいな肌

ニキビというと皮膚の表面にできるイメージを持っている方もみえるかもしれませんが、皮膚の表面ではなく毛穴にできるものです。

ニキビの跡がクレーターのようになってしまうことがありますが、よく見てみるとポツポツと穴が開いているのが分かるでしょう。

これは、ニキビの炎症が悪化したことで免疫機能が働き、炎症を鎮めるために白血球が皮膚細胞を破壊することで起こります。

白血球が真皮の細胞を破壊すると、弾力が失われて肌がちぢみます。

その結果、クレーターのような跡が残って毛穴がポツポツと目立つようになるのです。

このように、できてしまったニキビ跡の改善には「ピーリング」が効果的です。

ピーリングとは、古くなった角質を剥がし新しい皮膚の再生を促す方法のこと。

ピーリング効果のある洗顔料を使って自宅で手軽にピーリング洗顔を行いましょう。

    1. 初めてピーリング洗顔を行なう時は週に1回ペースから始めましょう。

慣れてきたら肌の様子を見ながら2~4日に1回のペースに縮めていって下さい。

    1. ピーリング洗顔を行なわない時は、しっかりとニキビ洗顔を行ないましょう。

ニキビ洗顔はニキビを改善、予防するために基本となる洗顔法です。
ピーリング洗顔をしているから安心ということではありませんので、ピーリングを行なわない時はニキビ洗顔を行なって下さい。

    1. 乾燥などの肌トラブルがある時は、ピーリング洗顔はお休みしましょう。

ピーリング洗顔はニキビ洗顔と違って、少なからず肌に負担がかかってしまいます。
肌トラブルがある時は、いつも以上に負担をかけてしまいますので、肌トラブルが落ち着くまではお休みして下さい。

注意点を守りながら定期的にピーリング洗顔をすることで、肌の再生を促し健康的な肌を手に入れることができます。

普段はニキビ洗顔、定期的なピーリング洗顔でニキビを撃退しましょう。

ターンオーバーと治りにくいニキビの深い関係を知ろう!

ターンオーバー

最後に、肌のターンオーバーとニキビには深い関わりについて見ていきましょう。

皮膚は、外側から大きく分けて「表皮」と「真皮」に分けられます。

その中の表皮は更に外側から

  • 角質層(かくしつそう)
  • 顆粒層(かりゅうそう)
  • 有棘層(ゆうきょくそう)
  • 基底層(きていそう)

の4層に分かれています。

表皮は基底層で新しく生まれ、約28日かけて角質層になります。

古い角質層は、新しく基底層から生まれた皮膚に押し出されるようになり、最後は垢となってはがれ落ちます。

この一連の流れをターンオーバー(新陳代謝)といいます。

ニキビ跡が残っていてもいつの間にか消えているのは、このターンオーバーが行なわれているためです。

ターンオーバーの乱れがニキビの原因になる

このターンオーバーのサイクルは、以下のようなことが原因で狂ってしまうことがあります。

  • 紫外線
  • ストレス
  • 喫煙
  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • 冷え性
  • むくみ
  • ホルモンバランスの乱れ

ニキビができやすい人はターンオーバーの周期が短縮されてしまっていることが多く、28日を待たずに角質層がはがれ落ちてしまうため、まだ成長しきれていない未熟な表皮が角質になってしまいます。

未熟な角質は、保水力や角質をつなぐセラミドの量が少ないため、乾燥しやすく更に角質がはがれるスピードを速めてしまいます。

結果、通常よりも速いスピードで角質がはがれ落ちることにより、はがれた角質が毛穴に詰まりニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

毛穴の詰まりを解消

ターンオーバーを正常化するには、ターンオーバーの周期を乱した原因を改善すると共に、肌に十分な水分を与え、ダメージを与えないよう保湿をして保護することが大切です。

しかし、乱れたターンオーバーを正常化するのは簡単なことではありません。

原因を改善し、効果が出るまでの間も常にターンオーバーは繰り返されています。

ニキビができることで更にターンオーバーは乱れてしまうのです。

そこで、原因を改善し肌に保水・保湿を行なうと同時に洗顔で毛穴に詰まった角質を取り除くことが重要なのです。

基本はニキビ洗顔で予防・対策できる!

ニキビの種類がどのタイプであってもニキビ対策には洗顔・スキンケアが基本です。

ニキビの原因である皮脂を取り除きしっかり保湿することが、アクネ菌の増殖を抑えニキビを改善させるための1番の近道なのです。

それでは、自分にあった洗顔料とスキンケア用品を使って、健康美人を目指しましょう!

[ニキビ洗顔料ランキング]