ニキビを改善・予防するには常日頃からのニキビケアが重要!

ニキビケア

ニキビを改善・予防するには日頃からニキビケアを行なうことがとても大切だと言えます。
では、ニキビケアとは具体的にどのようなことをすれば良いのでしょうか。
まず、既に出来てしまったニキビに対するニキビケアからご紹介していきます。

ニキビ改善ケア

  1. ニキビ洗顔
  2. ニキビをこれ以上悪化させない為にも、毛穴に詰まった皮脂や汚れを毎日のニキビ洗顔でしっかりと取り除くことが大切です。
    ニキビの出来ている部分は他の部分よりも更に優しく豊富な泡で洗顔しましょう。

  3. 保湿を十分に行う
  4. 保湿というと、油分を連想されがちですが油分ではなく水分です。
    肌が乾燥していると皮脂が過剰分泌してしまう為、ニキビを悪化させてしまう原因となってしまいます。
    肌を乾燥から守る為に、十分に潤いを与えてあげましょう。

  5. なかなか治らない場合は皮膚科へ
  6. ニキビの完治に時間が掛かるようでしたら、一度皮膚科で治療を受けることをおすすめします。

ニキビ予防ケア

続いて、ニキビを予防するケアをご紹介していきます。

  1. ニキビ洗顔
  2. ニキビが出来てしまった時と同様、日頃から毛穴に詰まった皮脂や汚れを毎日のニキビ洗顔で取り除くことでアクネ菌の増殖を防ぎ、ニキビを予防することができます。

  3. 十分な保湿
  4. こちらもニキビが出来てしまった時同様、日頃から肌の乾燥を予防する為に水分保湿を心掛けることで、肌の油分と水分のバランスを保つことができますのでニキビを予防することができます。

  5. バランスの良い食生活
  6. ニキビの原因の一つに肉類など脂質に偏ったバランスの悪い食生活があります。
    日頃から、緑黄色野菜などを積極的に摂取しバランスの良い食生活を心掛けることでニキビを予防することができます。
    これは、ニキビ予防ケアと同時に健康面を考えてもとても良いことですので是非、実践してみて下さい。

ニキビケアの注意点

ニキビケアの注意点

ニキビケアをする上で注意して頂きたい点があります。
それは「やりすぎない」ことです。

ニキビを改善・予防する為のケアが過剰になるとニキビを悪化させてしまう原因となってしまいます。

ニキビ洗顔を毎日何回も過剰に行うと肌にダメージを与えてしまう可能性もありますし、肌の水分を保つ為に保湿クリームを過剰に塗ってしまうと、保湿クリームで毛穴を塞いでしまい毛穴が詰まってしまいます。

何でも過剰は良くありませんので注意が必要です。

また、出来てしまったニキビケアの一つに「なかなか治らない場合は皮膚科へ」とあります。
ニキビくらいで?と思われる方も少なくないのですが、ニキビは歴とした炎症です。
ニキビが悪化し、炎症した状態が続くと肌はかなりのダメージを受けてしまいますし、ニキビ跡の原因にもなってしまいます。

自己ケアでもなかなか改善されない場合は、早めに皮膚科を受診しましょう。