治りにくいニキビ跡を改善・予防する方法を種類別に解説!

ニキビ跡を改善・予防

ニキビが完治しても残ってしまうニキビ跡。せっかくニキビが治ったのにニキビ跡を見つけるとガッカリしてしまいますよね。しかし何故、ニキビ跡は出来てしまうのでしょうか?

治りにくいニキビ跡を改善・予防する方法を種類別に解説!

ニキビ跡にはいくつか種類があり、ニキビ跡の種類によって原因も変わってきます。

まずはニキビ跡の原因から見ていきましょう。

赤みがかったニキビ跡

ニキビの炎症が肌の表面のみならず、中の方まで炎症が起こってしまったことによりニキビ周辺でうっ血が起こり赤みがかった跡が残ってしまいます。

茶色いシミのようなニキビ跡

ニキビが出来ると炎症から肌の細胞を守る為にメラニンが生成されます。
ご存知の方も多いかと思いますが、シミの原因であるあのメラニンです。

ニキビができたことで、肌の細胞が壊れてしまいターンオーバーが正常に出来なくなってしまうと、メラニンが肌に残ってしまいシミのようなニキビ跡を作ってしまうのです。

クレーターのようなニキビ跡

これは、ニキビにより肌が炎症を起こしたことで、この炎症を抑える為に白血球が皮膚の細胞を壊していきます。

この白血球の働きが表面のみならず、真皮層といって肌の弾力を保つ層の細胞までもを壊してしまうことで、肌の弾力が失われクレーターのようなニキビ跡が出来てしまうのです。

ニキビ跡を残さない為に

では、ニキビ跡を残さない為にはどうすれば良いのでしょうか?

ニキビ跡はニキビが酷ければ酷いほど、できやすくなってしまいます。

その為、ニキビが出来てしまったと気づいたら、早いうちからニキビ対策を行ない、悪化させる前に完治させてしまうことが大切です。

ニキビの対処法

ニキビは初期段階の白ニキビ→黒ニキビへ、黒ニキビ→赤ニキビへと悪化していきます。

そのため、一番の理想は初期段階である白ニキビの時点で完治させてしまうことです。

しかし、なかなか難しいのも事実。

ここからは、悪化していくニキビの順に対処法を紹介していきます。

白ニキビ

白ニキビは、毛穴に皮脂が詰まった状態です。

皮脂の出口が詰まっていることで、毛穴の外へプクッと押し出されて白ニキビになります。

皮脂の出口を作り毛穴に詰まった皮脂を出してあげることで、跡にならずに治せますので、ニキビ洗顔を行なうことが大切です。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビを放置していることで表面に詰まった皮脂が酸化し黒くなっている状態です。

こちらも白ニキビ同様、ニキビ洗顔で毛穴に詰まった皮脂を取り除くことで改善されます。

赤ニキビ

赤ニキビになってしまうと、既に毛穴では炎症が起こっている状態です。

肌もニキビによるダメージを受け、敏感になっていますのでニキビ洗顔だけでなく、アクネ菌対策のスキンケアを使用することもおすすめします。

あまり完治されないようでしたら、皮膚科を受診しましょう。

ニキビ跡の対処法

では、既に出来てしまっているニキビ跡についてはどのように対処していけば良いのでしょうか。

ニキビ跡の種類によって対処法も変わってきます。

赤みがかったニキビ跡

赤みがかったニキビ跡にはビタミンCが有効とされています。

スキンケア用品をビタミンC配合のタイプにすることをおすすめします。

茶色いシミのようなニキビ跡

肌のターンオーバーが正常に行われることで、少しずつ薄くなっていく可能性はあるのですが、紫外線を浴びることでシミが濃くなってしまう場合もあります。

赤みがかったニキビ跡同様、ビタミンCの配合されたスキンケア用品の使用や美白効果のあるハイドロキノンの含まれたスキンケア用品を使用することをおすすめします。

クレーターのようなニキビ跡

肌の弾力を保つ真皮層の細胞を壊されてしまった状態ですので、肌の凹凸が大きければ大きいほど自力で治すのは困難だと言われています。

残念ながら美容形成外科などの外科的施術を受けなければ完治は難しいでしょう。

しかし、完全に消すことはできなくてもある程度目立たなくできる方法はあります。

ピーリングを行なう方法や、EGFという成分でターンオーバ-を促す方法などが有効です。

また、真皮層にある線維芽細胞を活性化させる効果のあるビタミンCやマトリキシル3000を含むスキンケア用品もおすすめです。

治りにくいニキビ跡になる前に早めに対処しよう!

ニキビを放置していると治りにくくなってしまいますので、ニキビ跡になってしまう前に早めに対処するようにしましょう。