ニキビにはどんな種類がある?タイプ別のニキビ対策を徹底解説!

ニキビの種類

ニキビといっても色々な種類があり、ニキビの種類によって症状が変わってきます。

こちらでは、ニキビの種類とタイプ別の対策方法を紹介しています。

ニキビにはどんな種類がある?タイプ別のニキビ対策を徹底解説!

まずは、ニキビの種類について紹介していきます。

ニキビの種類は、おもに以下の5つに分けられます。

  • 赤ニキビ
  • 黒ニキビ
  • 白ニキビ
  • 思春期ニキビ
  • 大人ニキビ

赤ニキビ

顔に一つでもあると目立ってしまう赤いニキビ。
これは、ニキビが炎症を起こして腫れている状態です。

黒ニキビ

赤ニキビになる前の段階のニキビです。
毛穴の入口が硬くなってしまうことで、皮脂の分泌が正常にできなくなっている状態です。
毛穴に詰まった皮脂が空気に触れることで酸化し、黒ニキビになります。

白ニキビ

黒ニキビになる前の段階のニキビです。
毛穴に詰まった皮脂や汚れが外に出られずに皮膚の中に溜まってしまうことで起こります。

思春期ニキビ

10代に多く見られるニキビです。成長期における成長ホルモン・男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が過剰になることで起こります。

大人ニキビ

思春期ニキビと違い、生活習慣の乱れやストレス、体質などによって発症するニキビのことをいいます。

種類別ニキビ対策

では次に、ニキビの種類別に対策を見ていきましょう。

赤ニキビの対策

赤ニキビは、ニキビが炎症を起こしている状態ですから非常に敏感になっています。

なるべく触れない様に心掛けると共に、ニキビの原因菌であるアクネ菌を減らすためにアクネ菌のエサとなる毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くことが大切です。

肌に負担を掛けないよう、優しくニキビ洗顔をしましょう。

また、肌の油分が少ないと皮脂が過剰に分泌しニキビを悪化させてしまいますので、スキンケアを通して肌の水分補給と保湿をしっかりと行うようにしましょう。

黒ニキビの対策

黒ニキビは放っておくと赤ニキビになってしまいますので、早めの対策が必要です。

よく黒ニキビ用に毛穴パックなどをされる方がいるのですが、毛穴パックで毛穴に詰まった皮脂や汚れを取ると、毛穴はパックリと開いた状態になり雑菌などが入りやすくなってしまいます。

毛穴に詰まった皮脂や汚れはニキビ洗顔で肌に負担を掛けないよう優しく洗顔し、スキンケアを行いましょう。

白ニキビの対策

白ニキビを治すには、皮脂の過剰分泌を抑えることが悪化させないポイントとなります。

ニキビ洗顔で優しく毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除き、その後、肌の乾燥を防ぐために時間を置かずにスキンケアを行いましょう。

思春期ニキビの対策

皮脂が過剰に分泌することが原因ですから、こまめに洗顔を行って出過ぎた皮脂を洗い流し、肌を清潔に保つことが大切です。

こまめに洗うといっても思春期の肌はデリケート。肌に優しい洗顔料を選び、しっかり泡立てたあと優しく洗うようにしましょう。

大人ニキビの対策

大人ニキビの場合、生活習慣の乱れやストレス、体質などによって発症するため、なかなか改善されないと感じる人が多いでしょう。
ニキビ洗顔やスキンケアを行なうと共に、生活習慣の改善やストレス解消などを同時に行うことをおすすめします。

基本はニキビ洗顔で予防・対策できる!

ニキビの種類は複数存在しますが、どのタイプであってもニキビを改善・予防するためにはニキビ洗顔が基本になります。

ニキビの原因は様々ですが、ニキビは何らかの原因で皮脂が過剰分泌してしまったことでアクネ菌が増殖し、発症してしまいます。

つまり、ニキビの原因であるアクネ菌のエサとなる皮脂をニキビ洗顔で取り除くことが、アクネ菌の増殖を抑えニキビを改善させる一番の近道なのです。