ニキビを予防!ニキビの原因要素を取り除くことからスタート

ニキビ予防

一度できるとなかなか治らないニキビ。
このニキビを予防するにはどうしたら良いのでしょうか。

ニキビを予防!ニキビの原因要素を取り除くことからスタート

ニキビを予防する上で一番大切なことは、ニキビの原因を知ることです。

ニキビの主な原因は

  • 食生活の乱れ
  • 睡眠不足
  • シャンプーなどのすすぎ残し
  • 間違った洗顔
  • 肌に合わない化粧品
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 便秘

など様々です。

また、毎回同じことが原因でニキビができてしまうとは限りませんし、こういった原因が一つではなく複合している場合もあります。

そのため、ニキビができてしまう主な原因を全て知っておくことが一つの予防方法だと言えます。

まずはなぜ、ニキビができてしまうのかニキビができるメカニズムを知り、ニキビ予防していきましょう。

ニキビの原因要素を取り除く

ニキビを予防するにはニキビのできる原因を知ることがとても大切なことです。

ニキビの原因を知り、原因要素を改善することでニキビを予防することができます。

バランスの良い食生活や十分な睡眠、シャンプーの仕方や正しいニキビ洗顔など日頃から注意できることは沢山あります。

また、女性の場合は生理周期を把握することでニキビの出来やすい時期を知り、対策を取っておくことも大切です。

他にも新しい化粧品を使い始めた時は、肌に合っているかをよく観察しましょう。

少しでも肌に悪い変化があった場合には使用を中止し、ケアして下さい。

このように、ニキビの原因要素を改善することでニキビのできにくくなります。

面倒に感じる方もいるかもしれませんが、ニキビを見つけた日から続くあの憂鬱感を思い出してみて下さい。

そして、ニキビを予防し美しい肌を保ちましょう。

ニキビ予防の注意点

ニキビの予防法の一つに「ニキビ洗顔」があります。

ニキビ洗顔はニキビの原因となる毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い流すことでニキビを改善・予防できる為とても大切なことです。

しかし、ニキビを改善・予防したいからといって毎日何度も洗顔をするのは間違いです。

毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除くためのニキビ洗顔ですが、過剰に洗顔することで肌のバリア機能の働きをする油分までも取り除いてしまうのです。

肌のバリア機能を失うと肌はダメージを受けやすくなってしまうため、バリアを作ろうと皮脂を過剰に分泌してしまうのです。

つまり、皮脂が過剰に分泌されることでニキビができやすくなり逆効果になるということです。

ニキビ洗顔は基本的には1日2回、朝・夜だけで十分ですので過剰に洗顔しないよう注意しましょう。